底辺YouTuberが動画企画&編集で注意していること9選【初心者向け】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

YouTubeチャンネルを開設して1ヶ月半が経ちまして、動画本数もやっと10本を越えました(登録者数は30人チョイですが、、笑)

そんな底辺YouTuberの僕が、編集や企画考案の際に気を付けていることをお話します。

  • YouTube編集のコツが分からない
  • どんな企画がいいか思いつかない
  • 現状のやり方が正しいのか不安

 

今回はこんな悩みを持つ方にオススメの記事です。

底辺YouTuberが注意すべき事【企画編】

まず最初につまずくのが「どんな企画をやればいいんだ?」という疑問。

YouTubeはたくさん見てるけど、いざ自分でやるとなると思いつかないものですよね。実際に僕も悩みまくって辿り着いた、企画考案で注意すべきことをお話していきます。

①オリジナル企画は伸びない

割と底辺YouTuberがやりがちなのが「オリジナル企画」の動画ですが、これはあまり伸びないのでおすすめしません。

内輪では面白くても、自分たちを知らない視聴者からしたらスルーが多いので、最初は友人内で伸びが良くても長い目で見ると微妙です。

ちなみに僕たちもオリジナルゲームを考えて(沢口靖子ゲーム↓)動画にしましたが、思ったより伸びませんでした(めっちゃ面白いのでバズると思ったけど笑)

オリジナル企画をやるのは登録者が1000人を越えて、自分たちのチャンネルに固定ファン」が付いてきたかな?と実感してきた頃が良いと思います(毎回コメントくれる方がいる・Twitterのフォロワーは多い方などはもっと早くやっても良いかも!)

 

②撮影時間が長いものはNG!

底辺YouTuberはとにかく動画を上げ続けないと人気YouTuberのスタートラインにも立てません。なので、1本の動画編集に充てる時間は極力短くして数をこなすことが大切(だからといって雑な動画は論外です)

1本10分前後の動画の為に、2時間分撮影したらカット編集だけで時間を取られてしまいますよね?

  • 企画を決めたら撮影前に流れを確認する
  • テキパキと進行する

ふとした時に面白い場面が撮れるのでカメラは回し続けた方がいいですが、上記2つは最低限意識しておきましょう。ちなみに僕は、YouTube撮影時は普段より1.2倍の速さで話すよう意識しています!

 

③人気YouTuberのパクリも伸びない

とりあえず人気者の企画をパクろう!と思ってもまーったく伸びません。

なぜなら【すでに人気YouTuberがやった動画を見て満足だから!】

わざわざ底辺YouTuberがやっているのを見る人はいないですよね?ファンがいない段階で人気企画をパクってもあまり効果はありません。僕たちも大盛ペヤングをやりましたが、めっちゃ辛かった割に全然伸びませんでした笑

パクるなら中堅YouTuberがオススメ

オリジナル企画もダメ、人気企画もダメ、ならどうすればいいの!?そうです。上昇中のYouTuberからパクればいいんです!!

パクリ=ダメ絶対!みたいに感じますが、全然そんなことありません。むしろ色んなYouTuberを見て研究して、面白いと思ったら積極的にパクるべきです。

チャンネル登録者1万人前後のYouTuberを狙って参考にして、自分たちの企画に活かしましょう(丸パクリは良くないよ!)


底辺YouTuberが注意すべき事【編集編】

動画が面白い・つまらないは「編集で決まる」と言っても過言ではありません!

人気YouTuberや企業YouTubeなどは外注してプロに頼んでいるものがたくさんありますが、僕たち底辺YouTuberは自分で頑張るしかありません!しかし、努力すればプロ並みの編集技術はすぐに身につくので頑張りましょう。

①カット編集は細かくやる

僕は基本的に動画の長さは7分前後、長くても10分以内に収まるようにしています。

その際に大切なのが「無音時間を無くす」ことで、話してる途中の【えーっと】【あのー】などの無駄な部分は全部カットしましょう!少しでもダラダラした時間があると視聴者はすぐに見るのを止めてしまうので、細かすぎかな?と思うくらいカット編集するのが重要です。

 

②BGMは絶対につける

効果音は入れすぎるとウザったいですが、BGMは絶対につけるようにしましょう。

音量は話している声より小さめ(喋っていないシーンで聞こえる位の音量で良いと思います)で、動画の起承転結に合わせて3~4曲使うようにしましょう。BGMがあるだけで一気にYuTuber感が出ますよ!

ちなみに僕は毎回同じBGMにしています。そうすることでチャンネルの色が定着し、将来的に「このメロディと言ったらこのYouTuberだ!」となるのでやってみて下さいね(毎回の選ぶ手間も省けるので時間短縮にもなります)

 

おすすめフリーBGMサイト

 

③時間をかけすぎない

底辺YouTuberが膨大な時間をかけて編集したところで、再生回数はたかが知れています。僕自身も1本12時間くらいかけて編集をしていますが、これでも時間をかけすぎです。

数をこなしていく中で着実に編集技術は向上して行くので、1本6時間以内程度で終わらせるようにして、投稿本数を増やすことを心がけましょう。

僕の場合は2人で編集作業をしているので1本にかける編集時間が多めです。複数人でYouTubeをやる場合は、全員が編集を出来ると作業効率があがるのでお得ですよ!

 


底辺YouTuberが注意すべき事【番外編】

企画・編集の注意すべきポイントをお話しましたが、それ以外にも少しだけ知って欲しい底辺YouTuberなら誰しもが通る道についての注意点をお話します。

①コメント欄は承認制にする

なぜなら、必ずアンチコメントがつくから。

登録者が2ケタのうちはそんなにコメントがつくことはないので、YouTubeコメント欄を許可制にしておくのがオススメです。アンチコメントが付いたら一人前だとは思いますが、慣れない内は傷つくので極力目にしないように対策しましょう。

外見や動画内容の誹謗中傷をして楽しむ人は一定層必ず存在するので、「再生回数に貢献してくれてありがとう!」と思いつつ一生コメント承認しなければOK!

 

アンチは反応すると喜ぶのでスルーが1番の対策!

 

②著作権に注意

バックで流していた音楽が動画音声に入ってただけでも、著作権申立がくることもあります。せっかく時間をかけて作った動画を消さなければいけなくなるのは辛すぎるので、撮影時には音楽をかけないように注意しましょう!

作業用BGMやアーティストのライブ映像を無断アップロードして登録者数を増やすアカウントも溢れかえっていますが、あれも思いっきりアウトですよ(笑)

垢BAN(アカウント抹消)されたら今までの努力が水の泡なので、コツコツ登録者数を増やして行きましょう。

 

③絶対に動画投稿を諦めない!

人気YouTuberはみんな何年もかけて今の地位にいます。元々知名度のある人じゃない限りは、1年そこらで収益化するのは難しいです!

1年間諦めずにクオリティを維持した動画を投稿し続けて、やっとスタートラインに立てるレベル。

僕もまだ1ヶ月目でチャンネル登録者も37人だし心折れそうになる時もあるけど、、とりあえず1年間は頑張ってみてどうなるか試してみたいな!きっと同じ時期に始めた底辺YouTuberが100人いたら、1年後に続いてるのは1人とかのレベル。

 

せとすい

けど諦めなかったら絶対に伸びていくから、これを読んでるみんなも1年間は頑張って続けてみよう!

 


今回のまとめ

  • 企画は中堅YouTuberのをパクれ!
  • 編集に時間をかけすぎるな!
  • 諦めずに1年間はYouTubeを続けよう!

とゆーわけで、みんなと同じ駆け出しの底辺YouTuberが教える注意すべきことでしたが、みなさん参考になりましたか?

僕のYouTubeチャンネルの1ヶ月目の活動報告も合わせて読んでみて下さいね

【YouTube】開始1ヶ月のチャンネル登録者数はどのくらい?投稿本数や再生回数も公開【Youtuber】

 

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

よかったらチャンネル登録お願いします!

YouTube

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんのYouTubeチャンネルが成功しますように( ◠‿◠ )