#空ショット から考えるペットへの危険性と飼い主のモラル【動物虐待で炎上】

こんにちは、セトスイです

みなさんは【#空ショット】を知っていますか?

今年の10月頃から韓国のSNSで流行している、愛犬を空に向かって投げて青空や夕日を背景にし、犬が空中にいる時に撮影したインスタ映え写真のことです!

この空ショットが「動物虐待だ!」と大炎上しニュースに取り上げられました

今回はワンちゃんに関する話題ですが、モラルの低い飼い主が猫ちゃんでも同じことをしない為にも危険性などをまとめました!

#空ショット の詳細

流行していた際は何万件もの投稿がありましたが、動物虐待だと炎上騒動になってからは飼い主が次々に削除していきました。まだ残っている投稿を引用させていただきました(以下セトスイTwitterより)


僕はこれを見ただけでゾッとするくらい恐怖心を抱くのですが、みなさんどうですか?

人間の背丈の倍ほどの高さまで投げている写真もあり、ワンちゃんの表情が怖がっているようにしか見えません…しかしインスタグラマーの愛犬家からしたらとても綺麗な写真が撮れて可愛い!と感じる方もいると思います!

肯定派の意見

「ちゃんと安全を考慮して投げている」
「自分の犬だからとやかく言われる筋合いはない」

否定派の意見

「飼い主の承認欲求の為でしかない」
「落として怪我をさせたらどうするんだ」


テレビニュースにもなり物議を醸していますが、僕はどう考えても否定派です!

Instagramが日常の一部になり、他人よりもインパクトのある写真を常に考えている現代だからこその問題だなと思います。本当に愛犬を大事に思っているなら落ちて怪我をする可能性のある行為をわざわざする必要がないからです!

実際に怪我をした事例もあるので、その危険性もまとめていきたいと思います

動物(ペット)を投げる危険性

犬を投げる=危険という認識にいまいちピンと来ない方へ向けてその危険性をお話します

  • 小型犬は骨が細い(特にプードル、チワワ)
  • 人の膝上から落ちても怪我する可能性有り
  • 空中から落ちた場合は命を落とす危険性も

犬や猫は地面に足がついていないと不安なので、空中に投げられたらどうにかして体勢を戻そうとします。写真中にバランスを崩した子がチラホラ見られるのもその理由です

その体勢で落ちたら骨折以上の怪我をすることは安易に想像できますよね?

せとすい

どんなに注意していても、犬猫を危険な目に合わせる可能性があることをしてまでインスタ映えを目指す必要は全くないので絶対にやめましょう!

深刻な飼い主のモラル低下

最近はネットでも簡単にペットの売買ができ、若くして犬猫を飼い始める方も多いです。

そしてペットを生活の癒しではなく、自己の承認欲求のために利用することが1番になっている方もいます。今回のように普通に考えたら危険だと分かることがSNSへ投稿したら良さそうという意識に駆られて、正常な判断が薄れてきているように感じます。

僕自身も愛猫写真を撮ってSNSへ投稿していますし、みなさんもそうだと思います。もう1度普段の写真の撮り方を見返り、負担になっていないか考えてみて下さいね!


投稿する前に一呼吸!

ひとつひとつの行動に敏感な現代だからこそ、SNSへ投稿する前に一呼吸おいて

「この写真に引っかかる点はないか?」
「この文章は問題にならないか?」

称賛の拡散ではなく炎上の拡散にならない為にもとても大切なことなので、改めてチェックしてから投稿するようにしましょうね!(僕も気を付けています


意見の言えない動物だからこそ、気持ちを汲み取ってあげてくださいね!

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )