新しい子猫の迎え入れ方と注意点まとめ【多頭飼い】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

猫を飼い始めてしばらくすると「そろそろ友達を増やしてあげたい!」と思う時がくるはずです。

けど、仲良くしてくれなかったらどうしよう…と悩むことも多いですよね?

  • 新しい猫を迎える時どうすればいいの?
  • 多頭飼いって大変?
  • 猫はひとりとふたりどっちが幸せなの?

今回はこん疑問を持つ方に向けた【猫の多頭飼い】についての記事です。

多頭飼いのメリット

初めて迎えた猫ちゃんがお家に慣れ、飼い主も世話に慣れてくると「この子に友達を増やしてあげたい」と思う時がくると思います。

はじめての多頭飼いは不安もありますが、友達が増えることで猫ちゃんにとって良いことがたくさんあるんです!

留守番中も寂しくない

友達が増えることで留守番中も遊び相手ができます!

可哀相だから早く帰らなきゃ」という飼い主の心配も解消され、猫自身も暗い部屋で寂しい思いをすることなく過ごせます。

運動不足にならない

多頭飼いにすることで猫同士で遊ぶことが増え、まったり寝てる時間が多い単頭飼いのときより運動量が多くなります。

追いかけっこの大運動会で少し騒がしくなりますが、将来の肥満対策にはぴったり!

自立心を養える

単頭飼いの子は甘えん坊で飼い主にべったり依存する子が多く、寂しさからイタズラやトイレ以外で粗相してしまう子もいるくらいです。

そんな子も、最初は不安がりますが、徐々に打ち解けて世話をするようになります。そして、飼い主さんへの依存度も抑えられ、自立心が生まれてきます。

あとから迎えた子からしても、お世話をしてくれる先輩がいるのは良いことですよね

 


多頭飼いで気を付けること

メリットの方が多い多頭飼いですが、注意しないといけないことが少しだけ。なにごとも最初が重要です!

迎える子の種類を考える

猫には【小型~大型・運動量少なめ~多め】など、種類によっての特性があります。

たとえば、先住猫が「運動量少なめのおとなしい性格」なのに、迎える子が「運動量多めのやんちゃな性格」だと、先住猫はついていけず逆にストレスを感じてしまいます。

先住猫の種類・性格を考えたうえで、新しく迎える子を選んであげましょう!

運動量少なめの猫種

ペルシャ・エキゾチック・ヒマラヤン‥など

ペルシャ猫の性格と特徴まとめ【人気猫種】

運動量多めの猫種

ベンガル・アメリカンショートヘア・シャム‥など

ベンガルの性格と特徴まとめ【スポット模様が魅力】

 

迎えてから1ヶ月が重要

何事も最初が肝心!新しい子をいきなり直に合わせるのは控えましょう。最初は迎えた子をケージで生活させ、居住環境・先住猫の存在・匂いなど、色々な情報を学ばせるのが大切です。

【保存版】猫にケージは必要?その理由とおすすめ3選でまとめています。

ゆっくり環境になれてもらい、徐々にケージ越しにお互い仲良くなってきたら、抱っこして会わせてあげるなど工夫してふれあわせてみましょう。

 


新しい子猫を迎えるベストな時期

必ずこの時期に!というのはありませんが、比較的迎え入れやすい時期にいれることで、互いのストレスを減らしてあげることができます!

大きく分けて、良いとされている時期は2つ。

①生後半年~1歳

「えっ!早すぎない?」と思う方が多いかもしれませんが、そんなことはありませんよ!

生後1歳まではまだ子猫で、いろんなことを吸収する時期。成猫に比べ、敵対心や警戒心が弱いんです。

なので、新しい子がきてもスッと受け入れてくれ、逆に興味津々に面倒を見てくれることも。飼い主さんも猫の飼いやすさに気付き始め「これなら2匹目を入れても大丈夫かも。」と感じる事間違いなし!

②3歳以降

「成猫として完成してから」迎えるという方法もあります。

新しく迎え入れる子が【子猫】の場合のお話ですが、前項で話した通り子猫はあまり警戒心がないので、先住猫がどんな子でもわりと平気ですが、先住猫からしたら違います。自分のテリトリーに知らない猫が入ってくるので、警戒心マックスです…!

それなのになぜこの時期がよいのか?

体格差の違い

僕たち大人は、赤ん坊や幼稚園児に対して警戒したり構えて話したりしないですよね?

それは猫でも同じで、生後3ヶ月の子猫の平均体重は1kg弱に対して成猫は3kg以上はあります。自分の何倍も小さい子猫に対しては、あまり警戒心を抱きません。

子猫からすると興味津々なので沢山じゃれてきますが、されるがままの子が多いです。中には怒る成猫もいますが、子猫からしたら怒られても関係なしにじゃれ合ってきます!

そうするうちに自然と打ち解けるので、体格差のある成猫の時期に迎え入れても大丈夫なんです。

 

独立心の強い子は要考慮

中には独り好きで、飼い主にもなかなか触ることを許さない子もいます。そんなツンデレ気質の子はあまり多頭飼いには向いていないので、無理に新しい子を入れるのはやめておいてあげましょう。

猫同士ならもしかしたら上手くいくこともありますが、そこはよく考えて今いる猫ちゃんを1番に思って検討してみてくださいね

 


多頭飼いはとても楽

猫は1匹目から2匹目を迎える壁を越えると、あとは何頭増やしても手間のかかり具合はあまり変わりません。

僕は現在2匹の猫と暮らしていますが、特になにもしてません!ごはんをあげてトイレを綺麗にするのが毎日の習慣で、あとは甘えてきたら遊んであげて、気が向いたらシャンプーしています。

2匹でくっついて寝てる姿は本当に癒されますよ

多頭飼いにおすすめの種類

最後に少しだけ。迎える子は先住猫に合わせた種類を、とお話しましたが。そんな中でも多頭飼いに向いていると言われてるのが【アメリカンショートヘア】

環境への順応性がとても高く気さくな性格もあり、はじめての猫や多頭飼いにぴったり!

アメリカンショートヘアが人気の理由とは?性格と特徴まとめ【アメショ】

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

 

オススメ記事猫を飼い始めて3ヶ月間にすべき事まとめ【最初が重要です】

オススメ記事フードは1ヶ月で食べ切らないと危険!?【キャットフードの保存方法】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です