猫の多頭飼いは3匹を越えたら手間は変わらない話【放任主義でOK】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

新しいお友達が欲しいけど多頭飼いって大変そう」「何匹までなら一緒に飼えるの?

すでに2匹飼っている方も多いと思いますが、猫ちゃんは3匹の壁を越えたらかかる手間はそこまで変わらないんです!

今回はそんなお話をしていきます

まずは1匹から2匹の壁!

「猫を飼おう!」となった時、まずはみなさん1匹から迎える事が多いですよね?

そしてだんだんと猫ちゃんとの生活やお世話に慣れてきた頃に「この子にお友達を」という思いで最初の多頭飼いの壁を越えることになります。

  • 猫同士で遊んでくれるので留守番中も寂しくない
  • 飼い主への甘噛みが減る
  • トイレの処理回数が増える

基本的にメリットの方が多く、負担といってもフード・猫砂の量が増える分すこし費用がかかる程度です。猫は置きエサで大丈夫(自分で調節して少量をこまめに食べます)なので2匹にしてもフード代はそこまで大きく変わることはないですよ!

合わせて読みたい
多頭飼いで1番大変なのが「猫同士が打ち解けるまで」仲良くなってもらうためには最初が肝心です!重要なことは以下の記事にまとめいるので参考にして下さいね! 新しい猫の迎え入れ方【多頭飼い】

 

2匹から3匹の壁を越えたら楽勝です!

猫が2匹になって「1匹の時よりも手間がかからなくなった!」と感じるようになると思います。猫同士で遊ぶことが多くなり、飼い主へのかまって度が低くなります。

前はあんなにベタベタだったのに。と少し寂しい気持ちもありますが、ちゃんと飼い主にも甘えてきてくれます!子猫のときから一緒なので猫にとって飼い主は「お母さん」のような存在です。時折思い出したように甘えてくる姿はとても可愛いですよ!

3匹以上の多頭飼いで大変なこと

頭数が増えることで大変になってくるのはトイレ掃除です!

猫はとても綺麗好きな動物なので、トイレに排泄物が残っていたり他の猫の臭いがついていると我慢してしない子もいます。あまり神経質になるのもよくないですが朝・夜の2回はトイレをチェックして綺麗にしてあげましょう!

CHECK POINT!
多頭飼いをする場合はトイレの数を「頭数+1」用意することで、猫ちゃんたちがストレスなく排泄することが出来るので覚えておきましょう(猫砂タイプがおすすめ)

 

放任主義でのんびり育てましょう!

3匹以上になると猫同士で自分の居場所(テリトリー)を決めて定位置をつくります

リラックスしたいときや眠いとき、飼い主さんを観察するときにいつもいる場所がその子のテリトリーであり、猫同士で自分の空間を作ることで共存することが出来るんです

猫へしつけることは何もないので、放任主義でのびのび育ててあげてください!

猫同士で学び合うことで成長できるのが多頭飼いの良いところでもあるんです!

ケージを用意してあげてもOK

自分だけのお部屋としてケージを用意してあげるのもおすすめです。

猫ちゃんの中にはひとりでのんびりしたい子もいるので、扉が閉められるケージにいることで他の子に邪魔されることなくリラックスして過ごすことが出来ます。

普段は扉を開放したままにしておけば寝床としても使えるので1つあると便利ですよ!


ワンちゃんは毎日の散歩・ご飯の量・しつけなど頭数が増えるごとに飼い主の負担が大きくなるので一般家庭だと2頭が限界だと思いますが、猫ちゃんは何頭でも(!?)飼えてしまうくらい手間がかからないのがワンちゃんとの大きな違いだと思います!

せとすい

僕の友達に1人で6頭飼っている子がいますが「フード代はかかるけど、手間はかからないし毎日たのしくて元気が出る!」と言っています

新しい子を迎えたいと考えているみなさんの参考になれば嬉しいです!

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です