猫の舌がザラザラな理由とその役割とは?【猫の味覚】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

猫に舐められたらなんかザラザラしてる!?犬はそんなことないのにいったいどうしてなのか?

今回は猫ちゃんの舌についてのお話です。

猫に味覚はあるのか?

主にドライフードを食べている猫ちゃんですが、味覚はどうなっているのか気になりますよね。

味覚を感じる部分を味蕾(みらい)といい、人間と同様に犬猫にもあります!ただし味蕾の数に差があり、猫ちゃんはその数が1番少ないです

  • 人 → 約10000個
  • 犬 → 約2000個
  • 猫 → 約500個

結構な差がありますよね。なので、猫は僕たち人間と比べるとあまり味覚はよくない事がわかります。

 

猫が感じる味覚とは?

味覚には基本味とされている5つの味覚があります。

  • 塩味  → 塩、醤油、味噌
  • 酸味  → 酢、梅干し、レモン
  • 苦味  → ピーマン、コーヒー
  • 甘味  → 砂糖、チョコレート
  • うま味 → かつお節、昆布だし etc…

この五味の中で猫が感じることのできるのは「塩味・酸味・苦味」の3つで、酸味>苦味>塩味の順に敏感です!

酸味

キャットフードに多く含まれる酸味料を感じるために1番発達しています。
肉の旨味に含まれるリン酸、カルボン酸等を指します。

苦味

猫は元々が肉食動物なので、腐った肉を食べないように苦味も強く感じ取ります。腐った時に出るアミノ酸を、苦味として感じるようになっています。

生きていく上でとても大切な味覚のひとつです!

塩味

酸味・苦味に比べて、ほとんど認識していない味覚です。獲物の血液中に含まれるナトリウムを感じるためだと言われています。


猫の舌の役割

人に比べ、猫は日常生活で舌を使うことが多くとても大切な器官になります。その中で、大きな3つの役割があります。

  • グルーミング
  • やすり
  • ストロー

では、それぞれどのような使い方をするのか説明します

グルーミングに使用

猫が舌で体を舐める姿、よく見ますよね!あの行動(グルーミング)には大きな理由が3つあります

  • 体温調節
  • 毛づくろい
  • 愛情表現

猫は肉球でしか汗をかかないので、身体を舐めて唾液を蒸発させた気化熱で体温を下げることで体温調節をしています。

参考記事:猫の肉球の役割とケア方法【肉球クリーム】 – セトスイの猫まとめ!!

また、身体についたゴミや無駄な毛を舐めることで除去していてブラッシングとマッサージ効果にもなっています。

そしてもう1つ、気持ちを落ち着かせる精神安定の作用と、仲間や飼い主さんへの愛情表現があります。

やすりの役割

現代の家猫では必要ないですが、昔は狩りをして取った獲物を食べる際にどこも余すことなく肉をそぎ取る「やすり」の役割を担っていたのが舌のザラザラです。

今ではごはんを余すことなく綺麗に食べるのに役立っていますよ!

ストローの役割

テレビのスローカメラなどで猫が水を飲む姿を見たことないでしょうか?

舌の表面がザラザラしていることで、水を持ち上げるように飲んでいます。水分を蓄えるため、素早く飲むことが出来るような作りになっているんです!

 

猫の舌がザラザラの理由とは?

猫の舌にある白いザラザラは「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」と言い、喉の奥に向け無数に生えています。
生まれたての子猫には無く、フードを食べ出す頃から徐々に生えてきます。

人や犬に比べ、猫の舌がザラザラしている理由は

  • 野生色が残っている
  • 顎の力が弱い

猫が人と生活を送るようになったのは歴史の中でもまだ最近の事なので、狩りをして獲物の骨についた肉を削ぎ取って食べるのに使っていたやすりの舌が残っている事。

また、犬のように強い顎をしておらず、獲物の骨を噛み砕くことができなかった為に舌が発達してザラザラになった。

このような理由があげられています。舌だけで十分な栄養を取るための進化と言えますね!

今回のまとめ

猫の特徴でもあるザラザラの舌、実は多くの事に役立っているんです

  • 毛づくろいで余分な毛やゴミを取る
  • 体温調節
  • 飼い主への愛情表現
  • ごはんを綺麗に食べる
  • 水を飲みやすくする

猫にはたくさんの不思議が詰まっていて面白いですよね!これからもみなさんに色々な情報を知って頂けたら嬉しいです。

今回の記事は以上です。

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です