猫に涙やけが出来る原因と改善方法【流涙症】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

猫ちゃんの涙が止まらず、目の周りが黒く汚れてしまうことはありませんか?

それは「涙やけ」という症状です。きちんとしたお手入れ方法を知り、改善の手助けをしてあげましょう

今回はそんなお話です。

猫の涙やけとは

目の周辺に涙が溢れている状態が続くことを「流涙症」といい、その影響で流れた涙の跡が黒く汚れてしまうことを「涙やけ」と言います。

目が大きく鼻が低い先天的な要因から、ペルシャやエキゾチックショートヘアなどの短頭種(鼻ぺちゃ猫)に多いです。命にかかわるような症状ではありませんが、放置すると眼病につながる可能性があります

湿った場所には細菌が増殖するので、毛が抜けて薄くなってしまう事も。正しいお手入れ方法を知って、早めに改善してあげましょう!

また、顎に出来る黒いブツブツも早めのお手入れが必要になる症状です。

 猫のあごに出来る黒い汚れの原因とケア方法【猫ニキビ】」でまとめていますので参考にしてみてくださいね

猫の涙やけの原因とは?

涙やけにつながる主な後天的な要因は以下の通り。

  • 涙管の詰まり
  • 風邪の延長
  • アレルギー
  • 目に傷を負う etc…

子猫の時期でも起こる症状なので、知識を入れておくのが大切です

1週間経っても症状が続いたら「おかしいな?」と疑問を持つようにしましょう。

 

涙管の詰まり・閉塞

短頭種においては顔の骨格的に涙管を押しつぶしてしまう為、鼻涙管(涙が通る道)が狭く涙が目から溢れてしまうことで、流涙症を起こしてしまいます。

  • ペルシャ
  • エキゾチック
  • ミヌエット
  • ヒマラヤン

上記の猫種は涙管閉塞を起こしやすいので、迎える際は涙やけの状態を店員さんやブリーダーさんに確認してみて下さいね!

病気ではないので、涙が酷いからと言う理由で敬遠する必要はないのでご安心を。

 

目への刺激

猫風邪やアレルギーからくる結膜炎腫瘍による涙管の圧迫でも涙が排出されづらくなり、流涙症を起こしてしまいます。

目に異物が入ってこすってしまい眼球を傷つけてしまうことでも流涙症に繋がりますので、いつもより涙が多く流れていると気づいた時は早めに動物病院へいきましょう。

 

自宅での涙やけケア方法

流涙症は予防をすることが出来ません。日々のケアで涙を拭き取り湿った状態を出来るだけ減らすことを心がけましょう!

先天的な涙管閉塞で涙が止まらない子は、手術で涙管を通す処置をすることも可能です。小さい頃から涙が止まらず涙やけが酷い場合は、獣医さんに相談してみて下さいね。

そこまで涙やけが酷くない場合は、自宅でのお手入れで改善することが出来ます!

 

お手入れ用品を使ったケア

毎日のお手入れが1番大切になります。やりすぎても皮膚の負担になってしまうので、1日5分で出来るケア方法を紹介します!

用意するもの

  • コットン
  • 綿棒
  • ペットクール(ボディケア)

犬猫を飼っている方の間では有名なので知っている方も多いかもしれませんが、涙やけ改善にはペットクールがおすすめ!

ショップで使っていた中でも1番効果があったのがペットクールでした。

効果・特徴

  • 自然水100%の電気分解水
  • 目や口に入っても安全
  • 涙やけの改善効果大

化学薬品や環境汚染に繋がる物質を一切含んでいないので、信頼して使える商品です。開封してからも1年保存できるので(未開封3年)1本あるととても心強いケア用品です!

 

お手入れの仕方

    1. ペットクールをコットンに含ませ(ビショビショにしてOK)優しく当てる
    2. 涙やけ部位の皮膚被毛が十分に濡れたら、乾いたコットンで優しく拭き取ります
    3. 短頭種など鼻ぺちゃの子で、目頭が埋もれてる子は綿棒を使うとやりやすいです

フードを使ったケア

先天的ではなく、急に涙やけが出てきた場合はフードを変えると改善する場合があります。アレルギーや油分の影響で体に合わないフードを食べていることが原因かもしれません。

穀物フリーや無添加のフードを試して見る事もひとつの方法です。今猫界で1番人気の無添加フードが「モグニャン」です。

  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 無添加、着色料香料不使用
  • 白身魚が主原料

アレルギーに困っている猫ちゃんは試して見る価値があるフードです。

また、店頭での販売はせずネットのみの注文→イギリス(生産工場)から直輸入と言う形が安心だなと感じました。

サプリメントは最後の手段で

僕個人の意見では、サプリメントはあまり使わない方がいいと思います。お手入れ・フードで改善できない場合は、サプリメントでも完全に改善には至らないと思うからです。

また、継続しないと意味がないのでずっと与え続けなればいけない点もあります。サプリメントを使用する場合はフードの切り替えから試し、獣医さんと相談しながら試してみてくださいね!

猫の涙やけまとめ

涙やけは日々のお手入れで改善する事ができます。放置して皮膚炎に悪化しないように、飼い主さんがしっかりケアしてあげる事が大切です!

1日5分で良いので、猫ちゃんのお手入れの時間を取ってあげてくださいね。

少量の目やにの場合は「猫の目やに 原因と安全な取り方【お手入れ】」でまとめていますので、合わせて読んでいただければ嬉しいです。

 

今回の記事は以上です。

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です