猫がしっぽを振る意味とパターン【尻尾の動き】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

猫ちゃんがしっぽを振る行動をよく目にしますよね?
実は、動きによって猫ちゃんの気持ちがわかるんです!

パターンと意味を知ると猫との生活がより楽しくなりますよ。

今回はそんなお話です。

犬と猫では尻尾を振る意味が違う

f:id:SETO_SUI:20180912105109j:plain

犬も猫も尻尾がありどちらも動かすことが出来ますが、大きな違いが1つあります。

犬は「嬉しい時」に尻尾をパタパタ振りますが、猫はその時の感情(喜怒哀楽)によって尻尾の動かし方が違うんです!猫は感情をあまり表面に出さない動物なので、尻尾の動きから感情を読み取ってあげることが大切。

尻尾の動きは大きく分けて「6つのパターン」があります、どれも見たことがある動きだと思うのでどんな意味が込められているのか見ていきましょう!

猫の尻尾を振るパターンと意味

猫の感情の喜怒哀楽が1番読み取れるのは「尻尾の動き」なんです!

パターンとその意味を知ることで、猫ちゃんが今何を感じているのかを知ることが出来ます。

  1. ピンと立っている
  2. 左右にゆっくり動かす
  3. 激しくパタパタ動かす
  4. 毛を逆立て膨らんでいる
  5. だらりと足の間に垂れている
  6. 座って上下に振る

ピンと立っている

しっぽをピンと立てている時は「甘えている」サインです!母猫にアピールする行動でもあり、子猫が母猫に近づく時にも見られます。

また、猫同士の「友好的な感情」の現れでもあるので、ピンと尾を立てて寄ってきてくれたらあなたを仲間として認めている証拠です、撫でたり遊んだりして甘やかしてあげましょう!

 

左右にゆっくり動かす

猫ちゃんがリラックスしている状態です。気持ちよくお昼寝している時などに動いていることが多いです。また、興味のあるものを見つけた時にもこのような動き方をします。窓の外を眺めて一点をジッと見つめている時などによくこの振り方をしていますよ!

激しくパタパタ動かす

地面に強く打ちつけたり、左右に勢いよく振っている時は「イライラしている」サインです。何か不安要素や感情が乱れている状態なので、落ち着かせてそっとしておいてあげましょう。

ワンちゃんの場合は「喜んでいる時」に激しくリズミカルに振りますが、猫の場合は真逆で「闘争心を奮い立たせている」状態なので、下手に手を出すと攻撃されてしまうので注意!

 

毛を逆立てて膨らんでいる

「怖い時やびっくりした時」に毛が逆立ち、しっぽが倍以上に膨らみます。爪先立ちで後ろに逃げるようなしぐさも同時に見せることが多いです。気が立っている状態なので、この場合もそっとしておきましょう!

相手を威嚇するときも「シャー」と言いながらしっぽを逆立てます。猫同士の喧嘩の場合は、人間側が止めることはせず見守りましょう!

 

だらりと足の間に垂れている

これは「怖がっている」サインです。不安や恐怖の感情で怯えている時に、しっぽを後肢の間に閉まって萎縮しています。常に垂れている場合は体調が悪い現れの場合もあります。

猫は痛みや苦しさを隠そうとする動物なので、少しでもおかしいなと感じたら動物病院で見てもらってくださいね!

 

座って上下に振る

「何をしようかな?」と次の行動を考えている時です。思い立ったらすぐに行動に移す猫ちゃんですが、賢く考えて行動することもあるんです!このしっぽの振り方をしていたらそっと見守ってあげてくださいね。

 

今回のまとめ

f:id:SETO_SUI:20180912205308j:plain

猫のしっぽの振り方には、それぞれ意味があることを知っていただけましたでしょうか?猫ちゃんが今どのような気持ちかわかると、飼い主さんもより親身に接することが出来ますよね!たくさん知識を付けて猫ちゃんライフを楽しみましょう!

今回は代表的な気持ちの現れの6パターンを紹介しましたが、まだ解明されていない猫同士のしっぽのやり取りがあるかもしれません!?お家の子のしっぽの振り方にはまだ知らない猫ちゃんからのメッセージが隠されているかもしれません!ぜひ観察してみてくださいね。

質問などありましたらいつでもお問い合わせくださいね!

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です