ただ太るだけなので、猫におやつはあげなくていい話【異論OK】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

ちゃーおちゃーおちゃおちゅーる♩をはじめたくさんのおやつが販売されていて、ショップでも毎日売上個数が多いのはやっぱり「おやつ

猫ちゃんの喜ぶ顔が見たくて飼い主さんもたくさんお買い上げしてくれます

が、僕は今まで1度もおうちの猫におやつをあげたことはありません!

今回はそんな理由をお話します。
もちろん異論もあると思うので、一緒に考えていきましょうね!

猫のおやつは人間のタバコと同じ

「そんな大袈裟な…」と思われるかもしれませんが、僕はずっとこの意識で猫ちゃんを育てているのでおやつは一切あげてません!

  • 猫のおやつ ⇒ 栄養はない、あげなくても生きていける、肥満の原因
  • 人のタバコ ⇒ 栄養はない、吸わなくても生きていける、肺ガンの原因

まさに一致しますよね?

ではなぜ人はタバコを吸い、猫はおやつを欲しがるのか、それはとても強い中毒性があるからで1度味を知ってしまうと欲しくて欲しくて仕方なくなります。

中でも量販店などで売られている安価なおやつは、毒(言い方は悪いですが)にもなりうるくらい塩分が強く油でコーティングされています。猫ちゃんの体のことを考えると、喜ぶからといって大量に与えるのは控えた方がいいと思いませんか?

 

猫はおやつが無くても生きていける

おやつの味を知らない猫は、ごはん(ドライフード)がとても楽しみなご馳走です

しかし1度おやつの味を知ってしまうと、それはおやつの方が美味しいのでドライフードへの物足りなさを感じ、食いつきも悪くなってきてしまいます。

おやつの味を知らないままの方が幸せこれが僕がおやつをあげていない理由です!

せとすい

僕のねこちゃん達がたまに食いつきが悪い時などには、無添加(食塩不使用)のかつお節をフードにかけてあげていますよ!おすすめです!

 

トッピング > おやつ

もし「ドライフードだけだと食べないのでおやつをあげている」という方がいたら、おやつではなくトッピングとして販売されているものを選びましょう!

カリカリでなくても栄養が摂れておやつの代わりになるものはたくさんあります!

下記の記事でまとめていますので良ければ合わせて読んでみて下さいね

猫のフードトッピングの正しい与え方とは?【おすすめフード2選】 子猫がフードを食べない時の対処法【保存版】

結論:「おやつはただ太るだけです」

猫はしつけがいらないのでおやつを使って特訓することもなければ、人間の承認欲求のために芸を覚えさせ、そのご褒美のおやつももちろん猫にとっては必要ないことです

人が「猫の可愛い姿を見たい」ためにおやつをあげている感覚が僕は少し苦手です…

おデブ猫ちゃんが可愛いと言っている人は1度猫ちゃんを動物病院へ連れて行ってみて下さい。愛猫の寿命を縮めていることに気付き、考え直すはずです!

異論ももちろんあると思いますが「猫のおやつは必要ない!ただ太らせているだけ!

これが今回の結論です。みなさんもぜひ考えてみて下さいね!

 

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です