【保存版】猫にケージは必要?その理由を徹底解説します【厳選ケージ3選】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

子猫を迎えることが決まりいざ準備開始!最初にしっかりとグッズを揃えて大切に育ててあげたいですよね!

ところで、猫にケージは必要なの?

今回はそんな初めて猫を飼う方へ向けたお話をしていきます

子猫を迎えるときに重要なもの

猫は家に慣れてくると、好きな時に好きなところでのんびり自由に暮らしてます。

そんなイメージがあるので(実際にそうなんですが)「ケージなんて必要ないのでは?」と思ってる方、多いんじゃないでしょうか?

せとすい

中にはショップでもケージ飼いを勧めないこともありますが、実は仔猫にとっても成猫にとっても、ケージはすごく重要なんです!

そもそもケージって?

ケージは自分だけの部屋になるもので、生活スタイルに合わせた様々な種類があります

写真で見ると、あ!これ見たことある!となると思いますので、僕が使っているのはこんな感じ⤵︎(2枚目に全体写真があります)

見たことある方も多いのではないでしょうか?

でも「こんなところに閉じ込めるのは可哀相」きっとほとんどの方がそう思いますよね?でも、実際はその真逆の効果があるんです!

ケージは自分だけの空間

みなさんにも自分の部屋がありますよね?自分だけの落ち着ける空間で、それは猫ちゃんにとっても同じ。住みなれたショップのお部屋から知らない人のおうちへ。猫にとっては不安と緊張でたまらない瞬間、それがおうちへ迎えられるときなんです!

今までの部屋の数十倍の広さの空間に離されたら、猫ちゃんはどこにいればいいのか、どこが安全なのかわからず怯えてしまいます。そこでゲージの登場です!


ケージの必要性・使い方

具体的にケージを使うことでどんなメリットがあるのか、どのくらいの期間使えばいいのかをお話していきます。

迎えてしばらくはケージ生活を

知らないおうちにきた猫ちゃんは不安と緊張で怖くてたまりません。はやく抱っこしたり一緒に遊びたいのはわかりますが、仔猫のためにまずはおうちに慣れてもらいましょう!

先にケージを準備しておく

猫ちゃんを迎える日が決まったら先にケージを組み立て、必要な用品を準備してお部屋を作ってあげてください。

せとすい

トイレ・ベッド・水飲み(側面につけれるタイプ)・おもちゃ・毛布(夏場はクールボード)があればケージの設備はとりあえずは十分です!

初日は遊ばない

おうちについたらまずはケージへ入れてあげて、新しい空間を目・耳・鼻で感じて徐々に慣れてもらいましょう。出来ればあまり構わずそっとしてあげるのが優しさです。

ここから1ヶ月程はケージに入れた生活を送りますが、早い子だと数日で慣れてしまします。安心して熟睡できる場所だとわかれば、そこがお部屋になります。

大人になってもずっと、その子の安息できる場所です

慣れてきたら出してもOK

早い子は数日で慣れて怯えなくなります。そうしたらケージの外へ出して遊ばせてOK!抱っこしたり撫でたり、人に触られることにも慣らしてあげましょう

遊び時間が終わったら、またケージに戻して休ませてあげましょう。数か月ケージで過ごし、すっかりおうちに慣れはじめたら、あとはみなさんそれぞれの育て方で、ケージを使ってあげてください。

  • 家族が寝る時・留守番中はケージへ
  • ケージの扉だけ開けて自由にさせる

その子の性格などをみて、判断してあげてください。ちなみにうちの子は2歳くらいまでケージが大好きでした❤︎

ではたくさんある中でどのケージを選べばいいのか?

僕が見たこと・使ったことがある商品の中からご紹介します。


おすすめのキャットケージ3選

近年の猫ブームでいろんな種類のケージが販売されていますが、どれを選べばいいかわからず、ついデザインなどで選びがち。少しでも参考になれるよう、おすすめをご紹介します。

おすすめ1:マルカン キティケージ1000

僕が使っているものと同じものです!四年程使ってますが、まだまだ現役。一般的なケージですが便利ポイントがたくさんあります!

猫砂の飛び散りを防ぐ、高めの壁

底の部分が少し高めの壁になってますよね?この作りのケージが意外と少ないんです。トイレ後の砂かけは結構激しいので、猫砂がケージ外に飛び散るのを防げるのが便利!使っていくうちにその便利さに感動すること間違いなしです

可動式キャスターつき

別に動かすこともないし、キャスターなしの安めの方がいいかな?」と思うかもしれませんが、以下のようにキャスターの利便性は結構あります!

  • 掃除の時
  • お客様来訪時
  • 夏場の日差しを避ける
  • 日向ぼっこをさせる

 

おすすめ2:マルカン キャットフレンドルームスリム

「迎えて数か月の仔猫の間だけで使えればいいかな」そんな方におすすめのリーズナブルだけど機能性は十分!組み立ても簡単なので使いたい時にすぐ出すことが出来るのも便利なポイントです。

一つ前にご紹介した商品との違いは以下の通りです

  • 下の壁が無い(猫砂の飛び散りがある)
  • キャスターなし(将来使わないならOK)

 

おすすめ3:キューイック 木製キャットケージ

高さのある少し広めの木製のケージです。インテリアに合わせてお洒落なものを選びたい方におすすめで、もちろん機能性も十分。

慣れてくるとケージの上で寝るのを気に入る子も多いので、丈夫な木製ケージだと飛び乗っても揺れが抑えられます。みなさんのスタイルに合わせて選んでみてくださいね

1ステップもありますが、長く使うことを考えると2ステップ以上がいいと思います。


最後に

ケージの大切さ、わかっていただけたでしょうか?

ケージにいれたままなんて可哀相。そんなイメージが少しでも変われば嬉しいです!

はじめてはわからないことばかり。いろんな情報がありどうすれば、、となりがち。そんなときにみなさんの助けになれればと思います!

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

 

オススメ記事猫を飼い始めて3ヶ月間にすべき事まとめ【最初が重要です】

オススメ記事フードは1ヶ月で食べ切らないと危険!?【キャットフードの保存方法】