毛玉の塊が猫を苦しめる(!?)毛球症の詳細と改善方法まとめ【毛玉ケア】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

最近猫ちゃんの食欲がない・吐く動作を繰り返す・便秘気味

こんな症状が出ていたら毛球症という病気かも(!)全ての猫ちゃんがなりうる病気なので、どのような内容なのかを理解することが大切です

今回はそんな猫の毛球症についてお話します

猫の毛球症とは?

猫は毎日行っている毛づくいによって体内に被毛が溜まります。体内へ入った被毛は消化することが出来ないので、健康な猫の場合は自分で吐いたり・うんちと一緒に排泄します。

ところが、内蔵機能などが原因でうまく被毛を体外に出すことが出来ず溜まってしまい、その結果体内で毛の塊が出来てしまった状態を「毛球症」と呼びます。

毛球症の原因

1.被毛のお手入れ不足

日々のブラッシングをしないと猫が飲み込んでしまう毛量が多くなり、体内に多く溜まってしまいます。お手入れ頻度は毎日のブラッシング・月1回のシャンプーが理想的です

2.ストレス

何らかの影響で猫ちゃんがストレスを受け続けるとグルーミング回数が増え、被毛を飲み込む量も増加してしまいます。おうちの子が頻繁に体中を舐めている場合は注意して観察しましょう!

合わせて読みたい記事:日常生活で猫のストレスになる事とは?【原因7選】

3.毛玉の排出不足

高齢猫や病弱な子は毛玉を吐き出す力が弱く体内に溜まってしまいます

前はよく毛玉を出していたのに最近は上手く吐けてないなと感じたら、毛玉ケアが必要になってきた証拠です。高齢猫は命に係わることもあるので注意!

こんなサインに注意!
元気そうにしているのにごはんをあまり食べない・お腹を触られるのを嫌がる・何かを吐こうとするしぐさをしている等は毛球症のサインかも(!)重度だとお腹を切って毛の塊を除去することになる手術が必要になるので早期発見することが大切です!

毛球症の治療方法

軽度~重度まで症状によって治療方法が異なります。

軽度の場合

元気そうに見えるのにごはんを食べない・便秘気味などの初期症状の場合に有効なのが「毛玉除去剤」と「猫草」です

どちらの方法も猫に与えるだけで毛玉の排出を促進させる効果があるので、軽度の症状の場合はこれで解消することが可能です!

毛玉除去剤

毎日1g程度を舐めさせることでお腹の中で塊になった毛玉を柔らかくしてウンチと一緒に排出してくれます。猫草を食べない子・毛玉を吐くのが苦手な子にオススメです

猫草

無印良品の猫草なので安心して使用できます。栽培キットなので新鮮な猫草を与えることが出来るのが嬉しいです。猫草が好きな子はぜひ試して見てくださいね!

合わせて読みたい記事:猫草とはなにか?【効果と食べる理由】

重度の場合

お腹を触られるのを極度に嫌がる・腹部の肥大・食欲不振・便秘等の症状があり元気もない場合は、溜まった毛玉の塊が大きくなり消化管が詰まっている可能性があります。

そのような重篤な症状の場合は「開腹による外科的手術」により直接毛玉を取り出す必要があるので、少しでも異変を感じたら動物病院へ行きましょう

せとすい

重度な症状になるまで放っておかないよう、自宅に猫草を置く・毛玉用フードを与えるなどの対策をして普段から毛玉ケアをしてあげましょう!

毛玉対策のフードをご紹介

治療方法でお話したように日々のケアによって飲み込む被毛の量を減らし「体内に毛玉を蓄積させない」ことが1番の予防方法になります。

それに加えて毛玉用フード(食物繊維が多いのが特徴)を与える事で毛玉を体外に排出する機能が弱い子の手助けをすることが出来ます!特に長毛猫の場合はどうしても飲み込む被毛の量が多くなってしまうので、食事でのケアを早めにしてあげると良いでしょう。

上記のドライフードに加えてウェットフードを定期的に与えることも効果的です。栄養バランス・年齢などを考慮しておうちの子に合った毛玉対策を考えましょう!


今回のまとめ

  • 毛玉対策は日々のケア(食事・お手入れ)が大切です
  • 食欲不振、便秘、吐かない吐き気が続いたら毛球症を疑う
  • 長毛猫は1歳を過ぎたら毛玉対策フードへ

「毛球症」について知っていただけたでしょうか?

どうしても毛は抜けてしまうものです。いつまでもおうちの子が健康いられるようにしっかりと対策をとってあげてくださいね!

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です