猫が喉をゴロゴロと鳴らす理由と意味まとめ【動画あり】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

猫を抱っこしたりブラッシングをしていると「ゴロゴロゴロ♪」と喉を鳴らす音が聞こえることはありませんか?

初めて聞く方は少しびっくりするかもしれませんが、実は猫が喜んでいる証拠なんです!

今回はそんな猫が喉をゴロゴロと鳴らす行動についてお話します

猫が喉を鳴らす理由

リラックスしている

ブラッシング・抱っこ・なでなで等で猫が良い気分になっている時に鳴らすことが多いです。僕たちも湯船に浸かる時に「はあ~」と気持ちよくて声が出てしまうように、猫ちゃんもリラックスしている際にゴロゴロと喉を鳴らして気持ちを表現しているんです!

甘えている

ゴロゴロは子猫の時期に多く見られます。大好きな飼い主さんに甘えたい時に喉を鳴らしてすり寄ってきます。優しく撫でてあげると安心して眠ってしまう子も多いので、爪切り・ブラッシングをするのにベストタイミングです!

お手入れの印象付け
リラックスしている時にお手入れをすることで「お手入れ=気持ちいいもの」と印象づけることが出来ます。成猫になっても嫌がらず続ける為にもゴロゴロタイムを狙ってお手入れをしてあげましょう! 参考記事:猫の正しいブラッシング方法まとめ

真相は解明されていない

多くはリラックス・甘えている気持ちの現れだと言われていますが、本当の意味は猫自身にしかわからずまだまだ謎が多い行動のひとつなんです!

  • 母猫との最初のコミュミケーション
  • 猫同士の意思疎通
  • 体調不良を知らせる為

 

なども言われていますが、多くの猫を見てきた経験から言うと「リラックス状態にゴロゴロ鳴らす」ことが多いかなと思います。本当のことは猫本人にしか分からないですが、喉を鳴らす子の様子を見ると納得してもらえるはずです。

人間への癒し効果もある

猫のゴロゴロ音を聞くことで、人間の心もリラックスする効果があるんです!

ゴロゴロ音を子守唄にして一緒にお昼寝をするととても気持ち良いです(実体験)、イルカと泳ぐ・乗馬のアニマルセラピーがあるように猫の人へ与える癒しは心の負担も軽くしてくれます。辛いことがあったら猫ちゃんに話すだけでも楽になりますよ!

幸せホルモンを出す
猫のゴロゴロ音には幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を促進させる効果があり、人の心をリラックスさせる効果があると実証されているんです!海外ではストレス治療に取り入れられるほど、猫の癒し効果は大きいんです

猫の喉が鳴る仕組み

遥か昔から存在する猫ですが、いまだに喉を鳴らすメカニズムを解明できていないんです!多くの専門家が研究していますが、これだと断定できる結論は出ていません。

  • 「血流の乱流による音」説
  • 「仮声帯を持つ」説

上記の二つが有力説として説明されいます。

血流乱流説

・・・猫の情緒変化が影響することで大静脈→心臓への血流が増え、胸部の血管内で乱流が起こり肺→気管へと流れる中で共鳴し音が大きくなる(ゴロゴロ鳴る)説

仮声帯説

・・・人のいびきと同じ原理で、喉で発してる。猫は声を出す声帯の他に、仮声帯と言う第二の声帯を持ち、喉頭筋を収縮させることでゴロゴロ音を出しているという説


今回のまとめ(ゴロゴロ動画)

  • 甘えたりリラックスすると喉を鳴らす
  • お手入れするのにベストな状態
  • 喉を鳴らす真相は解明されていない

真相は謎でも猫にとっては気持ちのいい状態なので、たくさんコミュニケーションをとって飼い主さんも猫ちゃんと一緒にリラックスした時間を過ごしてみて下さいね

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

 

オススメ記事猫が両足でふみふみをする理由とは?【動画あり】

オススメ記事猫が「カカカッ」と鳴く理由とは?【クラッキング】