猫の足音が静かな理由とは?【足音がしない】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

犬と比べて、猫は足音が静かで気づいたら側にいる!なんてことがよくありますよね

ではなぜ猫は足音がしないのか?今回はそんなお話です。

猫の足音が静かな理由

犬の足音はバタバタと大きめですが、猫はとても静かです。マンション住まいで下の階の人を気にせず暮らせるのも、猫人気があがっている理由のひとつです!

ではなぜ同じ動物なのに猫は足音がしないのか?その理由は猫の手の構造にあります。

肉球がクッションの役割

猫の肉球は高い場所から飛び降りた時の衝撃を和らげ、歩く時は音を吸収するクッションの役割をしてくれています。狩りをする時に足音を出さずに近づく習性がまだ残っているんですね。

猫の肉球に関しては「猫の肉球の役割とケア方法」で詳しくまとめていますのでぜひ読んでみて下さいね!

出し入れ出来る爪

猫は自分の意思で爪を出し入れすることが出来ます。普段は爪を閉まっているので、音を出さず歩くことが出来るんです!

ワンちゃんの場合は爪をしまう事は出来ず、爪自体も太く大きいため足音も大きくなってしまいます。

 

音を出さない猫の歩き方

猫の足の作りが静かに歩ける理由ですが、実は歩き方にもポイントがあります。

猫は常に指(肉球の先)だけを地面につけた「つま先立ち」で歩いています。この猫独自の歩き方が足音を消しているもうひとつの秘密です!

走ってもそこまで音がしないので、猫ちゃんはすごいですよね!

今回のまとめ

同じ動物の中でも色々な違いがあり、それぞれ良さがあり楽しいですね!

猫の足音が静かな要因
  • クッションの役割をする肉球
  • 出し入れできる爪
  • 常につま先立ちで歩く

肉球をずっと柔らかく綺麗に保つ為に、肉球ケアクリームもぜひ試してみて下さい。塗ってあげるときのぷにぷに感がたまりませんよ!

今回の記事は以上です。

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です