猫が落ちても平気な高さはどのくらい?【高所を好む理由】

猫は平面ではなく上下空間で過ごす動物なので、高い場所を好みます。

けど、お家の猫ちゃんが箪笥(たんす)の上やカーテンレールに乗ってしまうけど、危なくないのかな?

そんな心配を抱えている飼い主さんも多いはず!

今回はそんな疑問に答えます。

猫が高い場所を好む理由

空間を見渡せる

猫はテリトリーを大事にする動物なので、自分の生活する空間を見渡してパトロールをして飼い主や自分を脅かす敵がいないかを見張ってくれているんです。危ないからと登れないようにせずに、自由にさせてあげることをおすすめします!

安全安心の場所

高い場所から周りを見渡せることで安全な場所を確保でき、リラックスすることが出来ます。成猫(1歳~)になったら人の身長より高さのあるキャットタワーを用意してあげると、猫ちゃんが安心してくつろぐことが出来ますよ!

猫の本能

高い場所にいることで外敵や害虫から身を守ることが出来るので、本能的に高い場所を好みます。ノミやダニは跳べても地上15cmなので、野良猫が塀の上をあるくのも体にノミダニが付くのを防ぐためでもあるんです!

MEMO
家具の上は普段あまり掃除が行き届かない個所でもあるので、お家の猫ちゃんが汚れてしまわないように掃除する癖をつけるのも良いかもしれませんね

猫が高所から落ちても平気な理由

上手く着地出来る

猫は落下する際の「終端速度」が時速100kmほど(人間は約190km)で、手足を開きムササビのように落下速度を調節できると言われています。なので頭から落ちたとしても、上手く体をねじりながら着地することが出来るのです。

終端速度とは?

加速度運動をしていた物体が摩擦抵抗などを受けて、最終的に一定の大きさになった時の速度。重力を受けて大気中を落下する雨滴の速度などを指すのに使われます。

落下距離を計算できる

猫は視覚・聴覚を使い地面までの距離がどれくらいなのかを計算します。そして手足の筋肉を使い着地姿勢を整え、更に肉球で衝撃を吸収しながら怪我をせず着地する事が出来るんです。


猫が落下しても平気な高さ

猫が落ちても無事に着地できると言われている高さは6~7メートル程で、建物で表すとマンション2階程度の高さです。

家の中でキャットタワーや棚から落ちても怪我をすることはないので心配せず遊ばせてあげてくださいね!また、どの家庭でもベランダには出さないようにしましょう(1度出てしまうと毎日出さないと猫にとってストレスになります)高層階に住んでいる方は、万が一の為に落下防止用ネットを張るのも予防策になります。


今回のまとめ

猫が高い場所を好むのは、空間を見渡せて安全を確保できるからなんです。キャットタワーを用意してリラックス出来る環境を作ってあげましょう!

また、高い場所から落ちても大丈夫なのは自分から飛び降りた場合です。不意の落下で身構える事が出来なかったら怪我をする可能性があることは覚えておきましょうね!

せとすい

その為にも絶対にベランダには出さず、丈夫な網戸・転落防止ネット等を使い猫の安全を確保してあげて下さいね

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

 

オススメ記事家庭猫に散歩は必要か?徹底的に解説します【おさんぽ】

オススメ記事猫の目やに 原因と安全な取り方【お手入れ】