便秘気味の猫への対処法と改善法【放置すると危険です】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

おうちの猫ちゃんは毎日うんちをしていますか?

ぼくたち人間でも悩むことのある「便秘」実は猫ちゃんでも起こるんです。そして放置すると身体にとても悪い影響を及ぼすので注意が必要です…!

今回はそんな便秘についてのお話です

猫の便秘の症状

健康な子は毎日うんちをするので「最近掃除をしてもうんちがないような…?」と感じたら便秘のサインかも。多頭飼いの場合はどの子がしたか・していないかの把握が難しいので、日頃から様子をチェックして変化に気づくことが大切です。

  • 2日以上うんちをしていない
  • トイレで踏ん張っているが出ていない
  • 少量の固いうんちしか出ない

便秘症状が続き排便出来ずに体内にたまり続けていくと、腸が伸びて排泄困難になる「巨大結腸症」を引き起こし命の危険が及ぶことも。

たかが便秘だと軽く考えずに早めの対処法をとり、健康な排便へ改善しましょう!

便秘の原因と改善方法

正しい改善法を見つけるには、まずなにが原因なのかを見つけることが重要です。それぞれの原因に合った改善方法を正しいやり方で試していきましょう!

便の水分量低下

腸内でうんちが固くなり排便しづらくなってしまう状態で、腸に長く滞留して水分が吸収される・毛玉(毛づくろいで飲み込む)が原因になることが多いです。

< 改善方法 >
・シャンプー&ブラッシングを心掛け、被毛を飲み込む量を減らす
ウエットフードやトッピングで体内に取り込む水分量を増やす

肛門付近の痛み

肛門や腸に傷やデキモノがあることで排泄時に痛みを伴いトイレを我慢してしまうことが原因で、便の滞留時間が長くなり便秘につながります。

< 改善方法 >
サーモンオイルなどのサプリメントを使い排便しやすくする
・動物病院での治療

 

せとすい

腸内に腫瘍がある場合は外見では発見することが出来ません。血便やトイレをしづらそうにしている場合は早めに動物病院を受診しましょう。

トイレが汚い

猫はとても綺麗好きな動物なので、トイレが汚れたままだと我慢してしまう子もいます。それによる精神的ストレスも便秘の要因になりかねません。

< 改善方法 >
・トイレはこまめに掃除する(少なくとも起床時・帰宅時の1日2回)
トイレを複数用意してあげる(多頭飼いの場合は頭数+1個が理想)

 

オススメのトイレはこちら:お部屋の雰囲気に合う厳選おしゃれ猫トイレ3選


便秘から起こりうる病気

巨大結腸症

結腸(大腸の一部)の収縮能力が低下することで、滞留便が結腸を押し広げることで巨大化してしまう病気です。原因は先天性(生まれつき結腸が狭い)から後天性(事故や怪我による骨盤変形等)まで考えられます。

治療は主に対症療法と食事療法で、原因自体を取り除くのではなく症状を軽減する目的で行い、それでも改善が見られない場合は外科的手術による結腸切除等が考えられます。

対症療法とは
病気自体を取り除く根本的治療ではなく、症状を和らげ自然治癒能力を高め、排便を促進させる食事(フードオイル)や浣腸などで少しずつ便を取り除く方法です。

サーモンオイルで快便に

今回のまとめ

  • 便秘が5日以上続くと命の危険につながる
  • 便秘予防のために水分量の多いフードを与える
  • 肥満も便秘の原因になるので適度な運動を!

猫ちゃんの便秘の怖さを知っていただけましたか?

優しくお腹をマッサージすることで腸の動きを促進させてあげる効果があります!ごはんやサプリメントでの対処に加えてしてあげることで便秘改善の助けになりますよ!

「手術しか方法がない」となる前に少しでも異変を感じたら動物病院へいって獣医師先生に相談してみましょう!それぞれの子によって症状はバラバラです。専門知識を持ったプロからの指示をもらって改善方法を見つけるようにして下さいね。


ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です