猫に首輪は必要?【しない方が良い理由と必要性】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

「猫を迎えたから可愛い首輪をつけたい!」そう思う方も多いはず。しかし、つけない方が良いという意見も!?

今回は首輪のメリットデメリットについてのお話です。

猫に首輪をする理由とは?

アニメや漫画でよく見る猫のイメージは「鈴つきの首輪」ですよね!猫を迎えたらまずは可愛い首輪をつけてあげたいと思うのはほとんどの方が同じ意見だと思います。もちろん僕もそうでした!

では、猫ちゃんに首輪をする理由とは一体なんなのか。

・居場所をわかるようにするため

・おしゃれのため(ファッション)
・飼い猫のしるし

だいたいがこの理由に当てはまりますよね!猫は隠れるのが上手なので家の中でもどこにいるか分からなくなる事もしばしば。そんな時に鈴つき首輪だと居場所がわかって安心。

また、首輪をつけていることは「飼い猫の証外にお散歩に行く猫ちゃんの場合は必須アイテムですよね!

猫の散歩については「猫に散歩は必要なのか?」でまとめいます。

迷子札の役割にもなる

外に遊びに行く子や万が一の災害時に備えて「迷子札つきの首輪」をつけることはとても大切な迷子対策になります。

猫は自宅を覚えると昔から言われていますが、全ての子がそうではありません。怪我をして保護された際にも迷子札のおかげで飼い主さんに連絡が行く事例も多く発信されています!オーダーメイドで簡単におしゃれな迷子札がつくれるので参考にしてみて下さい。

 

猫に首輪をつける際の注意点

キャットショーに出ている猫は絶対に首輪をしていません。それにはちゃんとした理由があるんです。

また、犬用と猫用の首輪でも大きな違いがあります。好みの首輪を見つけたからといって犬用の首輪を猫につけることは絶対にしてはいけません!その理由とは?

犬用と猫用の大きな違い

犬と猫では首輪のしくみに大きな違いがあり、猫用首輪は引っかかった際に簡単にはずれるようになっているんです!

このしくみを知らない方が多く、チワワなどの小型犬に猫用首輪をつけたり、メインクーンなどの大型猫に犬用首輪をつけている方も結構います!しかしこれはとても危険。

・ワンちゃんの散歩中に突然外れてしまう
・猫ちゃんが高い場所から飛び降りた際に引っかかっても外れない

どちらも大事故につながり、最悪命を落とす事態になる可能性も…!犬用猫用はきちんと確認し、お家の子に合ったものを選んであげて下さいね!

 

ショーキャットは首輪をつけない

キャットショーに出場している、または将来出そうと思っている猫ちゃんは絶対に首輪をつけません!その理由は「跡がついてしまうから

首輪をつけることで毛が抑えられ、どうしても跡がついてしまいます。キャットショーはとても細かな審査なので、少しでも綺麗な被毛を保つことが大切!将来キャットショーに出してみたいと思ってる方は首輪をしないようにしましょう!

 

今回のまとめ

・外へお散歩に行く子には必須
・迷子札をつけて災害時対策
・必ず猫用の首輪をつける
・キャットショーに出す子はつけない

それぞれメリットとデメリットがありますが、つけるつけないは飼い主さんの気持ち次第!ちなみにぼくの家の子はつけていません!外には出ないし、人が好きですぐに寄ってくるので必要ないかなーと思ってつけていません。

子猫の時から慣れさせていないと気にして噛んでしまう子もいるので、つけるなら子猫の時からつけ始めましょう!最近はとても可愛くてお洒落な首輪メーカーが増えているので、探すのも楽しいですよ!

 

今回の記事は以上です。
みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です