猫にかつお節はあげていいの?その理由と注意点を解説します【プロが教える】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

猫と好物と言えばかつお節のイメージがありますよね!では、一体なぜ猫はかつお節が好きなのかを好きなのか考えたことはありますか?

実は意外な理由(!)と気をつけてほしい注意点があるんです

今回はそんな猫の大好物、かつお節についてのお話をします!

猫にかつお節はあげていいの?

猫の主食はドライフードですが、トッピングとしてかつお節をかけてあげることで匂い・風味が出て嗜好性がアップするので個人的にはとてもオススメ!

かつお節を与えることで中毒症状がでる原材料も特にないので与えて大丈夫ですよ

かつお節の原材料

基本的にかつおの荒節(頭と内臓部分を取り除き、煮て骨を除き燻し乾燥させた状態)を削ったもので、猫に与える場合は無添加であることが最重要です!

人間用のかつお節には加工され味付けされたものが販売されていますが、それを猫に与えるのはNG。塩分が強く腎臓病・下部尿路疾患の原因になってしまうことも(!)

必ず猫用かつお節を与える

かつお節にはミネラル・塩分が多く含まれるので与え過ぎに注意しなければいけません。ドライフードに少量かけるだけでも風味が出て猫ちゃんは喜んでくれます!

主食(ドライフード)とのバランスを考え、猫用(減塩・無添加)のかつお節を選んで与えるようにしましょう。


猫がかつお節を好きな理由

昔の人が魚を与えていたから

猫は元々肉食動物ですが、日本に持ち込まれ人間の手伝い(ネズミ駆除)をしながら暮らすようになった時代にはキャットフードはなく人の食べ物を与えられていました。

その時に主食として魚を食べていた名残があり、日本の猫はかつお節が好きという風習が残ったと言われています。浮世絵に描かれた猫もかつお節を食べていたりとその記録もしっかり残っているんです!

匂いが香ばしいから

猫は嗅覚が優れていて匂いで食べ物の腐敗を判断するので、香ばしく香りの強い魚を好む傾向があります。本能的にかつお節の匂いが好きで食いつきもよくなるので、それが言い伝えとして有名になりました。

CAUTION
中にはかつお節が嫌い全く興味を示さない子(魚を猫にあまり与えない日本以外の地域に多い)もいるので、それぞれの猫の好みに合わせて与えるようにしましょう!

猫にかつお節を与える際の注意点

  1. 主食のトッピングで与える
  2. 過剰に与え過ぎない
  3. 必ず猫用かつお節を与える

ドライフードの香りづけやおやつ程度に与えるようにし、過剰に与えすぎないことが大切です。かつお節にはマグネシウム等のミネラル成分が豊富に含まれているので、過剰摂取によって猫への健康障害を引き起こしてしまう可能性があります。

尿石症

【尿石症】尿路結石にならないために猫にすべき事まとめ【症状と予防方法】

塩分の高いかつお節の過剰摂取により尿濃度が濃くなることで結石が形成され、尿管・尿道が詰まり排尿ができないことによる尿毒症(毒素が体中に回ってしまう)や、結石により粘膜を傷つけ膀胱炎へと発展してしまうことがあります。

人用と猫用の違い

スーパー等で売られている人用かつお節の塩分量は1.6〜2%前後で、猫用の減塩・無添加かつお節は1.4%前後です。少しでも塩分量が低いものを選ぶことが猫ちゃんの健康を守ることが出来るので必ず猫用かつお節を選ぶようにしましょうね!


猫へ与えるかつお節について知っていただけたでしょうか?

うまく使うことで嗜好性を高め、フードへの食いつきをよくすることが出来る食品なので、正しい知識を持って使ってあげてくださいね!

せとすい

大吉もまる子もかつお節が大好き!僕のおうちでは夜ごはんの時だけドライフードにかけて与えるようにしていますよ!

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

オススメ記事猫にドライフード以外で与えて良い食べ物【健康管理】

オススメ記事【保存版】猫に絶対与えてはいけない食べ物一覧【危険な食材】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です