猫の飲み水の正しい交換頻度と水量とは?【プロが教える】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

みなさんは1日に何回猫の飲み水を交換していますか?

とりあえず無くなったら注ぎ足す方も多いと思いますが、少しの工夫で猫ちゃんの飲水量をアップさせることが出来るんです!

今回はそんな猫の飲み水についてお話します

猫の平均飲水量を確認

正常な猫ちゃんの1日の飲水量は体重1kgあたり約50ml以下です。これが60mlを超えると多飲となり慢性腎臓病・糖尿病等のサインにつながります(多飲多尿)

ex) 体重3kgの猫

  • 3(kg)×50(ml)=150ml以下【 正常な平均飲水量 

この計算はひとつの目安として覚えておく程度で大丈夫です。元々水をあまり飲まない動物なので、しっかり飲んでいるかの確認よりも、すぐに水を空にしてしまう程の多飲がないかを気にするようにしましょう!

猫の飲水量の計り方

単頭飼いの場合はメモリ付の水飲み補充量を決めることで1日の飲水量を計ることが出来ます。多頭飼いの場合は測定することは難しいので、自動給水器を使うなど水を飲みやすい環境づくりを心掛けてあげましょう!

メモリ付ウォーターボール

ピュアクリスタル

MEMO
多頭飼いの子でどうしても飲水量を計りたい場合は、1日だけ個室に1頭でフリーにさせ測定しましょう。ケージだといつも通りに動き回れずストレスで飲水量が減る可能性があるので、お家のお部屋を使いましょう!

水の正しい交換頻度

1日2回目安

猫は新鮮で綺麗な水を好んで飲むので、①朝一に新しい容器に水を入れてあげましょう。そして飼い主さんが仕事から帰宅し、②夜ご飯をあげる時に新しい水に取り換えてあげましょう!水飲み容器も毎日洗って清潔なものを使うことが大切です。

水量は少なめに

猫の目には水量が少ない方が新鮮でおいしそうに映ります!小指の第一関節の半分ほどの高さの水量がベスト。ワンちゃんはたっぷり水を入れた方が美味しく映りますが猫は真逆なんです(!)意外と知らない方が多いのでぜひ試してみて下さいね

猫は水道水でOK

いつまでも健康でいて欲しいからとミネラルウォーターを与えている方もいると思いますが、猫は水道水でもミネラルウォーターでも体に与える影響に大きな違いはありません!日本の水道水は軟水でカルシウムやマグネシウム量が少なく猫に優しい水なので、水道水で全く問題ないです!

逆に硬水のミネラルウォーターを与えると、結石の原因となるミネラル成分が多く含まれているため猫にとって悪影響になってしまいます。どうしても水道水を与えたくない方は、ペット用ミネラルウォーターか軟水を与えるようにしましょう。


今回のまとめ

猫ちゃんの水の交換頻度について知っていただけましたか?

気づいたら変えている方も多いかと思いますが、猫は人間以上に綺麗好きなので、容器は毎日洗っていつも清潔な飲水環境を整えてあげる事が大切です!

必ず覚えて欲しい事まとめ

  • 水は1日2回の交換が目安
  • 水量は少なめの方が飲水量アップ
  • 与えるのは水道水 or 軟水にする

せとすい

水は生きていくうえで欠かせないものなので正しい知識と与え方を理解して、いつまでも猫ちゃんが健康で長生きしてくれるようにサポートしてあげましょう

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )

 

オススメ記事愛猫に長生きして欲しいならプレミアムフードをあげるべき話

オススメ記事蛇口の水道水が好きな猫には、どんどんシャンプーした方が良い話