猫のあごに出来る黒い汚れの原因とケア方法【猫ニキビ】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

猫ちゃんの顎によく出来る【黒いカサブタのようなブツブツ汚気にしている方も多いのではないでしょうか?気づきにくい箇所なのでぜひチェックして見て下さい

実はその汚れ、放っておくと増殖してしまうので早めにケアしなければいけません!

今回はそんな猫の顎の黒ずみについてお話します

猫の顎の黒ずみの原因とは?

顎の黒いブツブツは簡単にいうと汚れの塊で、子猫~成猫までどの時期でも見られます。中でも皮脂が多い子に見られることが多く猫ニキビと呼ばれています。

  • 皮脂汚れ
  • ストレス
  • ニキビダニ

上記が主な原因で、不衛生な環境下での飼育やストレスによるバクテリアの繁殖・ニキビダニによる炎症が大きな要因になります。程度に差はありますが猫ニキビが出る子は多く、特に去勢前のオス猫は皮脂分が強いのでよく見られます。

ニキビダニは常にいる

人間もそうですが、ニキビダニは常に一定数存在しています!

そのニキビダニが不衛生・湿度の高い環境下になると増殖し、その炎症によって黒いブツブツが発生します。常に清潔な状態を保っていれば治せるので「病気なの!?」と心配する程ではないので安心してゆっくりとケアしていきましょう!


猫ニキビの治療法

猫ニキビはケアせず放置しておくと炎症を起こし脱毛してしまいます。

またニキビダニは常在虫の為完全に駆除することは難しく、日々の継続的なケアが必要になります。ケア自体は簡単なので、日々の習慣にして再発しないようにしましょう!

用意するもの
タオル・ミニコーム・泡シャンプー

ニキビダニケアの手順

お湯をつけて顎のブツブツをふやかす(ビシャビシャにつけちゃって大丈夫です)
②濡れタオルをレンジで人肌程度に温め、ふやけた部分を優しくふき取る
ミニコームで汚れを浮かせ、ホットタオルで拭きとる

この手順を繰り返して、皮膚が赤くならない程度にケアしてあげます。
1度に全ての汚れを取るのは不可能なので日数をかけて徐々に減らしていきましょう

また、ふやかした部分にフォームシャンプー(泡で出てくるシャンプー)を使うことで、皮膚に負担をかけずに汚れを取ります。口に入っても安全な商品を選び、日々のお手入れを日課にしましょう!

◆ 泡で出てくる全身用シャンプー

天然成分100%、精油不使用なので猫が舐めても安心

フォームシャンプーを使って顎の部分を優しく洗ってあげると汚れが浮いてくるので、コットン等で拭き取ります。ベタつかず・すすぎ不要で、おしりについたうんち取りや老猫のシャンプーに使えるので、1本あるととても便利です!


猫ニキビの予防法(取った後のケア)

顎の汚れはシャンプーで綺麗にしても数日経つとすぐ増殖してしまうので、根気強く時間をかけて改善していくしかありません。常に清潔な状態を保つようにしましょう!

自宅で使える外用薬

汚れや炎症がひどい場合に使えるお薬があり、軽度の症状なら自宅で治療することができます。猫は知らない場所(病院)へ行くことがストレスになるので、負担をかけずに治せたらそれがベストですよね!

ただし脱毛がみられたり赤くただれている場合はすぐに動物病院へ!

ノルバサンオチック

犬猫の耳掃除に使うイヤーローションですが、細菌の繁殖を抑える効果があるので顎にも使えます(ペットショップでも売っています)

顎の黒い汚れを綺麗にした後に、コットンに含ませて優しく浸透させてあげてください。軽度の汚れの場合はこれで改善します!

ゲンタシン軟膏

人でも皮膚の傷などに処方される薬(抗生物質)なので自宅にある方はこちらも効果的です。綺麗にしたあとに薄く塗ってあげてください。

口元なので舐めてしまうのが心配かと思いますが、1度に20g以上飲み込まなければ危険はありません(一般のゲンタシン軟膏チューブは5~10g)


猫ニキビまとめ

猫のあごの黒ずみについて知っていただけましたか?

病気ではないので清潔にしていれば大丈夫ですが、悪化すると脱毛や炎症によるただれが酷くなってしまいます。脱毛しても軽度ならまた生えてきますが、あまりにも炎症が酷いとずっと禿げたままになってしまうことも…(!)

大事な愛猫の変化に気づけるように、日頃からボディチェックをすることが大切です!

せとすい

日々のケアで常に綺麗な状態を保ちましょう!子猫のときにもなりやすい症状なので、定期的に顎下を覗いてチェックしてあげてくださいね

ご意見・ご質問などありましたら、いつでもお待ちしております。

お問い合わせ

Twitter

今回の記事は以上です

みなさんと猫ちゃんに、良い出会いがありますように( ◠‿◠ )