猫はひとりでお留守番できる?【しつけ】

こんにちは、セトスイです( ◠‿◠ )

ペットを飼うにあたって、気になるお留守番
うちの猫ちゃんはひとりでも大丈夫なのかな…?

今回はそんなお話です

猫はひとりでものんびり過ごせる

子猫の時期(〜生後6ヶ月程)は1日の3分の2が睡眠時間になります。

なので、家族が外出や仕事で家にいない間は寝たり遊んだりを繰り返して1人の時間でも気にせずのんびりしているので安心してお仕事に出かけて大丈夫ですよ

家族がいる時間はかまってあげる

1人の時間でも寂しがらず留守番できる猫ちゃんですが、やっぱりあなたや家族のことが1番好きなので家にいると近くに寄り添ってきてくれます!

仕事やお出かけから帰ったらまずは猫ちゃんをたくさん構ってあげてくださいね。
留守番中はゆっくり寝て、飼い主さんが帰ってきたら遊んであげる習慣をつけましょう

 

どのくらい留守にして平気なの?

犬の場合1日でも留守にするときはペットホテルに預けますが、猫は2日程なら水とご飯の用意をしておけば留守番させても心配ありません。

  • 水はしっかり足りる量を入れておく
  • ご飯は日数分より多めに入れておく
  • トイレ砂は多めにorトイレ数を増やしておく

基本的なことですが、上記を守れば留守番も安心です!

猫は置きエサでOK

猫は食べる量を自分でセーブするので基本は置きエサで大丈夫です。

(犬の場合、入れたら入れただけ食べちゃいますが)

しかしずっと空気に触れているとフードも劣化して猫の体にもよくないので、留守にしないときは1日経ったフードは新しいのに変えてあげましょう

水は入れすぎない方が飲む

これも留守にしてないときのお話ですが、猫のお水入れに入れる水はたっぷり入れるより少なめに入れた方が飲んでくれます。

犬の場合はたっぷり入れますが猫は逆で。新鮮な水の方が好きなので水は少なめで頻繁に変えてあげるのがベストです。

水が自動で循環するファウンテンも近年増えてますので参考までに⤵︎

猫にとって留守番は簡単

猫ちゃんを留守番させるのに、特に難しいことはないです!
1人の時間ををうまく過ごせる動物なので、安心してお仕事に行ってくださいね

しかし近年の温暖化で夏は猛暑日が多いので、夏場はクーラーをつけたままにしてあげて下さい。少し電気代はかさみますが一日中つけておくのをオススメします

冬場はいくらでも暖かくできるので問題ないですが、夏場は色々な工夫で快適に過ごせるように考えてあげましょうね

今回の記事は以上になります、

質問などありましたらいつでもお問い合わせくださいね

お問い合わせ

それでは、みなさんと猫ちゃんにいい出会いがありますように( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です